メニュー

手元供養品のご紹介

トップページ:海洋散骨> 手元供養品のご紹介

手元供養 ~ご遺骨をお手元置いて偲ぶ・供養する~

手元供養とは、お墓や納骨堂へお骨を納める以前や、散骨以前にご自身で骨壷から小さめのお骨などを取り分けて、形見としてミニ骨壷に移して自宅に置いたり、アクセサリーに入れて身につけることを言います。当社ショールーム「想いの時」は沢山の手元供養品を取り揃えております。

手元供養品

いつも一緒、いつまでも一緒、ぞれぞれのスタイルで選ぶ手元供養品

形としては、デザインのよい小さな骨壷や、ペンダントなど、日々、さまざまな商品が出てきています。散骨などでお墓をもたないばかりでなく、お墓のあるかたにも故人様といつもそばに、という思いで求められるようです。いつも一緒にいる、という安心感により、悲しみを和らげ生きていく力となった、と仰る方はたくさんいらっしゃいます。 ミニ骨壷には入る大きさのお骨を選び、アクセサリーには薄いお骨を指先、器具などで少し細かくするか、機械でパウダー状に細かくしてから納めます。お墓や納骨堂など、ご遺骨を納めているところを持たずに全てのご遺骨を散骨した場合、あとになって、やはり一部でも残しておけばよかったと思う場合があります。手元供養品に一部のご遺骨を残しておくことで気持ちが落ち着いて良かったというお話はたくさん承っております。また、お墓や納骨堂があっても、故人様をより身近に感じたい、と手元供養品を求められるかたもいらっしゃいます。

散骨の前に、ご検討されてみてはいかがでしょうか。

お問い合わせ・パンフレット請求

手元供養品一覧

ペンダント・指輪・ブレスレットなど

大切な人とこれからも一緒にいたい、と願う方のために、ご遺骨を納められるアクセサリーです。素材も、木・銀・金・ステンレス・肌に優しいチタンなど、それぞれの良さがある素材が揃っています。

ミニ骨壷

お墓に全てのお骨を納骨することはさびしい。故人が散骨を希望していたけれど手元にもお骨を残して供養したい。そのような場合にお手元に残したお骨を大切に保管していただくための、ご自宅用の小型骨壷です。両手で包めるくらいの大きさになっています。お骨の納め方は、直接入れる、布袋に入れてから入れる、容器に入れてから入れる、容器により異なります。ご納骨前にご家族でお骨をとりわけて収納します。

メモリアル・ステージ(手元供養用のスペース)

ミニ骨壷などの手元供養品を自由にお祀りできるステージ(置台)です。一般的な仏壇には「本尊」を祀りますが、ステージは故人様の居場所として、指定席のようなスペースです。居間、寝室など、場所は選ばずに置け、また、自由にご移動できます。

ご遺骨で作るプレート

不純物を取り除いた焼骨成分を70%含むファインセラミクスのプレートです。衛生的で強度・耐火性などにすぐれ、温かみのある質感に仕上がります。文字や写真を彫刻できます。お骨のイメージがないので、家のどこに置いても違和感がありません。加工して、ペンダントなどにもできます。

粉骨をきれいに保存 パウダー

不純物を取り除いた焼骨をパウダー状に粉砕して、ガラスに納めて保管するスタイルです。中のパウダーは100%焼骨なので、将来プレートなどに加工したり、散骨することも可能です。

ご遺骨の入るぬいぐるみ・テディベア

遺骨や形見をかわいいぬいぐるみにおさめて、いつもおそばに。ぬいぐるみのチャックを開けて専用の容器に遺骨を入れて納めます。写真や小物もご一緒に入れて、やわらかなぬいぐるみとともに、思い出をいつもお近くに置いておけます。

手元供養のその後

手元供養でお近くに置いたご遺骨は、生涯共において、ご自分の万一の時に一緒に棺やお墓に納める、という形があります。また、ある程度の期間が経ちご遺骨は手放して暮らしていこうと思われた時は散骨を選ばれる方も多いようです。生まれてきた地球の一部に還ることが、自然なことと思われる方が多いからでしょう。

東京湾・横浜での海洋散骨についてお問い合わせはこちら

東京湾・横浜での海洋散骨についてお問い合わせはこちら